【無料】DEMITASNX
  プリント基板ノイズ対策技術セミナー
セミナー資料
 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、この度、『プリント基板ノイズ対策技術セミナー』を開催することとなりましたのでご案内いたします。
今回は、ノイズ対策部品の選定方法、ESD対策の検証事例、グランド強化によるノイズ対策事例を、各方面でご活躍の講師の方からご説明いただきます。
加えて、DEMITASNXの新機能についてご紹介いたします。
ご多忙中とは存じますが、是非ご参加いただけますようお願い申し上げます。  
 ■ 開催概要
  日時:2017年2月22日(水)13:00~17:00(受付12:30~)
  場所:NEC玉川ルネッサンスシティホール
     神奈川県川崎市中原区下沼部1753
     ※NEC玉川ルネッサンスシティの高層ビルとJR南武線向河原駅の間に
      位置する2階建ての棟です。 
 
●JR南武線向河原駅徒歩2分●JR横須賀線武蔵小杉徒歩5分●東急線武蔵小杉駅徒歩10分
 主催  :日本電気株式会社
       株式会社NEC情報システムズ
 参加費用:無料(事前登録制)
 定員   : 150名

お申込は、こちらから 
http://jpn.nec.com/demitasnx/seminar170222.html 
※申し込み書の中に販売代理店名を記述する欄がございますので【 CADPRO 】とご記入ください。
※定員に達し次第、お申込み受付を締め切らせていただきます。
※主催者および外部講演企業の同業他社の方からのお申し込みはご遠慮いただく場合がございます。
 
  プリント基板ノイズ対策技術セミナー
 プログラム
 
13:00~13:05  開会挨拶
 13:05~14:05  「電子部品モデルを活用したノイズ対策部品選定方法」

TDKでは,フェライトビーズ,コモンモードフィルタ,バリスタなど,様々なノイズ対策部品を扱っております.また,これらノイズ対策部品の電子部品モデルを無償提供しており,シミュレーションによるノイズ対策業務にて活用可能です.本セッションでは,ノイズ対策部品の種類と特性,TDK電子部品モデルの概要,電子部品モデル活用したノイズ対策部品選定事例をご紹介いたします。

TDK株式会社電子部品ビジネスカンパニー
 江畑克史様
14:05~14:45   「DEMITASNX新機能に関するご紹介」

DEMITASNXの新たな機能として、既存のデジタルノイズ領域とは全く異なる
DCDCコンバータ周辺のデザインルールチェックを計画しています。今回はその機能についてご紹介いたします。

株式会社NEC情報システムズDEMITASNX開発チーム
14:45~15:05   休憩<展示コーナーをご覧ください>
15:05~16:00   「ESD抑制研究の紹介
  ~装置設計・解析コンサル・部品ベンダ・ツールベンダ連携~」


ますます厳しくなりつつあるESD規制・試験の動向を紹介し、ESD対策部品の効果的な選定方法やシミュレータを用いたESD対策部品の選択・位置検討方法を、装置設計部門、解析コンサル、部品ベンダ、ツールベンダが連携して検討した結果をご説明いたします。
(協力メンバー:エレクトロニクス実装学会、京セラ株式会社、TDK株式会社、
  株式会社NEC情報システムズ)

一般社団法人エレクトロニクス実装学会
低ノイズ実装研究会
 高梨哲行様
16:00~17:00   「最近分かってきたプリント基板設計の肝」

プリント基板設計では、まず配線がどれだけの層でつながるかが関心事、層が多くなればなるほどコストに跳ね返ってきてしまうため、基板設計者の腕の見せ所となるわけです。しかしノイズの面からみると、配線から直接出るよりもグラウンドや電源などベタ面から出るノイズの方がはるかに大きいことが分かっています。ベタ面の設計には十分注意が必要。また、スルーホールの打ち方一つでノイズが変わってしまう可能性が最近の検証で分かってきました。これもベタ面を安定にする大事な対応策です。このセミナーでは、グラウンドベタが問題になる事例、スルーホール問題の事例などを分かりやすく説明します。いままで気づかなかった作業がいかに重要であるかがお分かりいただけると思います。

株式会社システムデザイン研究所
 代表取締役久保寺忠様