PADS Standard / PADS Standard Plus
     レイアウト
 
高度なレイアウト機能により、PCBを簡単に設計
強力なPDR(物理的設計再利用)機能、使いやすい製造準備機能、3D表示機能を使って設計を高速化します。回路図とレイアウト間を完全にクロスプローブできるPADS Standard/PADS Standard Plusは、リスピンを削減し、製品の完成度を高めると同時に、作業時間を短縮します。
 
 部品の配置作業は、クロスプローブでリアルタイムに同期しながら、回路図側から実行できます。また、PADSは強力なグループ配置機能を備えており、部品の回転角度も1/10単位から設定できます。

複雑なスプリットプレーンや混合プレーンに対処できる各種機能は、設計や配線に関する課題解決を支援します。PCB配線は、マニュアル配線と対話型配線をバランスよく組み合わせることができます。また、高度なルールを用いて、ハイスピードPCBを高速かつ正確に設計します。

対話型配線は非常に高い柔軟性を備えており、配線経路をどのように運ぶかを選択することができます。トレースやビア配線、スムージング、パッド入力、トレース長モニタリングなどの機能の有効/無効を配線中に切り替えられます。また、既存のトレース、基板外形、禁止領域に従いながら配線することで、不規則で複雑なトレースも簡単に作成できます。

デザインルールチェック(DRC)はすべての制約条件を確実に満たすかをチェックし、どんなルール違反も起きないように管理することで、後になって修正し直す事態をなくします。クリアランス不足の場合は、高度な押しのけ機能を使って簡単に解決できるので、高密度の基板配線は大幅に簡素化できます。対話型配線は、ハイスピードネット、差動ペア、等長グループにも容易に対処するため、ハイスピード設計に求められるあらゆる制約条件を満たすことができます。

      簡単で効果的な対話型配線
 
PADSはすべての配線課題に高度に対処しながら、いかなる基板も効率良く迅速に配線します。
 
 
      PDR(物理的設計再利用)とバリアント機能で作業時間を短縮
 
PDR(物理的設計再利用)や実装バリアント機能によって、設計完成までの時間を短縮し、エラーを削減します。
 
 
      製造準備
 
DFT(Design For Test: テスト容易化設計)とDFF(Design For Fabrication: 基板製造を考慮した設計)を監査する機能が統合されているため製品品質を最適化し、サイクルタイムとコストを削減します。

 
 
   TOPへ
 
 copyright
Layout-Logic-Hyperlynx同期 Layout-Logic-Hyperlynx同期 Layout-Logic-Hyperlynx同期