PADS Standard / PADS Standard Plus
     解析
 
強力で使いやすいPADSの解析ツールによって設計の手戻りと設計コストを削減
PADSのPCB設計解析/検証機能は、高い精度と操作性で定評のあるHyperLynxのテクノロジを用い、設計から製造に至るまで最適な効率性を実現します。
 

使いやすい内蔵SPICEアナログシミュレータを使って、基板レベルのアナログシミュレーションを行い、物理レイアウトに進む前に設計の機能性を確認します。プリレイアウト解析によって配線制約を定義し、配線されたPCBを検証します。部品やPCB上のホットスポットを迅速かつ効率的に見つけ、製造や実装段階に入って問題が起きる前に製造上の問題を検知します。

      アナログシミュレーション
 
アナログPCB設計を迅速かつ確実に解析することで、製品品質を向上します。
 
 
      シグナルインテグリティ
 
PADSの仮想プロトタイピングにより、オーバーシュート、アンダーシュート、リンギング、タイミングといった信号劣化につながりそうな問題を検知して解決します。部品ファミリの種類を変えながらwhat-if(仮想条件)シナリオを何通りも試してから、選択した結果をレイアウト上で検証することで、コストのかかる問題の起こりそうな箇所を物理プロトタイプを作成する前に判別できます
 
 
      熱解析
 
配置済み、一部配線済み、完全配線済みの各PCB設計について、基板レベルで熱の問題を特定し、解決できるソフトウェアは、PADSだけです。

 
      DFM(製造を考慮した設計)解析
 
 製造上の問題を最小限に抑え、設計ごとの設計リビジョン回数を出来る限り減らして、リリースまでの時間を短縮します。
 
 
 
   TOPへ
 
 copyright
Layout-Logic-Hyperlynx同期 Layout-Logic-Hyperlynx同期 Layout-Logic-Hyperlynx同期