PADS Professional
     制約条件管理
 
制約条件管理機能を統合して、
Correct-by-Construction(構築することで正しい結果が得られる)設計を実現
PADS Professionalを使用すると、高密度化と複雑化の進むPCB設計であっても設計ルールに厳密に準拠させることが可能です。設計ルールのドキュメント化、変換、解釈を手作業で行うと、製品開発サイクルの長期化やコスト増加を招くこともめずらしくありません。
しかし、Xpeditionのテクノロジを利用したPADS Professionalは、制約ドリブンの設計メソドロジを完全に統合しているため、設計ルールの伝達を自動化し、不要なPCBプロトタイプ作成やリスピンを回避することで設計コストの削減とTime-to-Marketの短縮を実現します。
 

複雑なルールを複数のネットに適用できる制約テンプレートを使って、共通環境でコンカレントに制約を編集し、クロスプローブさせることで、レイアウトを設計意図に照らして直接検証することが可能です。スプレッドシートベースの制約編集環境では、フロー内の回路図入力ツールと物理設計ツール間で双方向にクロスプローブ、ハイライト、選択しながら、制約条件を直接検証します。

・ 一度入力した制約条件は、設計フロー全体に適用可能
・ 階層構造のルールを用いて、クラス、ネット、グループ、ピンペアなどを正確に制御
・ ハイスピード設計のルールを用いて配線が性能要件を確実に満たすことを確認
・ 制約条件をネスト化して、設計フロー内でより効率的に配線を制御
・ 等長、差動ペア、最大/最小長などハイスピード設計のルールを定義

      プロセス全体を通じて設計意図を維持
 
設計入力環境とレイアウト環境間で双方向にクロスプローブ、ハイライト、選択し、設計意図を正確に効率よく取り込み、確実に適用します。
 
 
      電気的および物理的制約条件を単一の環境で定義して検証
 
複数のデータベースを構築する必要はありません。
 
 
      簡単な制約条件の入力が設計プロセスを高速化
 
設計内および設計間で制約条件が再利用できるだけでなく、制約条件の同時入力もサポートしています。

 
      コンテキストに応じて制約条件を入力
 
回路図エディタからもPCBレイアウトエディタからも簡単に制約条件の更新が可能です。
 
 
 
   TOPへ
 
 copyright
Layout-Logic-Hyperlynx同期 Layout-Logic-Hyperlynx同期 Layout-Logic-Hyperlynx同期