refcheck
 
 本ツールはPADS Layoutと接続し、部品の位置とリファレンス(回路番号)を検索することで、
 リファレンスが正しく配置されているかをチェックするツールです。
 シーエィディプロダクトから【PADS Standard】または【PADS Standard Plus】を
 ご購入いただきますと、無償でご提供させていただきます

 
 インストールマニュアル(PDF)

 バージョンアップ情報
  2015.10.06 : Ver.1.0.0.8にバージョンアップしました。
           ・不具合修正をいたしました。
  2011.01.21 : Ver.1.0.0.3にバージョンアップしました。
           ・ 距離チェック結果で、対象文字列が多数の場合RefCheckが強制終了する不具合を修正しました。
           ・ ウィンドウサイズを可変できるようにしました。

  * 最新バージョンにするためには、最新バージョンをダウンロードしてください。

 動作環境
   PADS Layout 9.0 以降のバージョンで動作いたします。

 
         メイン画面
 
 
 検査項目

   
下図のように、部品原点とリファレンス原点の距離等を参照し、各チェックを行います。
 
        検査項目
 
  1 ラベル重複チェック
    部品内にリファレンス(Ref.Des.)が複数存在した場合にエラーとして表示します。
    
    
注意 : リファレンスが複数存在する場合、他の検査が行われません。
         他の検査を行うには、部品内のリファレンスを1つに修正してください。

 
 
 2 クロスチェック
    部品原点とリファレンス原点を直線で結び、直線がクロスした場合にエラーを出します。
    下図では、「R2」と「R3」のリファレンスの位置が間違って配置されていますので、エラーとなります。

 
        クロスエラー
 
     
注意 : 下図のような場合は、クロスチェックでエラーとして認識されません。
          
部品原点とリファレンス原点の距離から、「距離チェック」のエラーとして表示される場合があります。
 
        距離チェック
 
 
 3 距離チェック
    部品原点とリファレンス原点の距離より、他の部品のリファレンス原点が近い場合にエラーを出します。
    下図では、「R1」の部品原点と「R1」のリファレンス原点の距離より、「R2」のリファレンス原点の方が
    「R1」の部品原点に近いためエラーとなります。

 
        距離チェック2
 
 
 4 角度チェック
    部品の角度とリファレンスの角度を参照し、リファレンスの向きをチェックします。
    リファレンスの角度を「0°、180°」、「90°、270°」、「その他の角度」と分類し、
    各グループの少数派をエラーとして表示します。同数の場合は両角度とも表示します。
    「その他の角度」は全て表示します。
 
    下図では、「R1~R3」が「0°」、「R4」が「180°」、「R5~R7」が「270°」、「R8」が「90°」となっています。
    「0°、180°」グループでは「R4」の「180°」が少数派、「90°、270°」グループでは「R8」の「90°」が
    少数派となり、エラー表示されます。

 
        角度チェック
 
 
 5 反転チェック
    部品ラベルプロパティの反転にチェックが入っている場合にエラーとなります。

 
        反転チェック
 
  
6 リファレンス無しチェック
    リファレンスが削除されている部品をエラーとして表示します。