PCB設計プロセス全体を通じて、電源供給ネットワーク(PDN)やノイズ伝播メカニズムを正確にモデリング
カタログ(PDF)

概要
HyperLynx PIでは、PCB設計で機能不良を起こす可能性がある電源供給の問題を特定し、使いやすい「what-if」環境で問題を調査しながら解決策を探ります。
ほかのパワー解析製品と違って、このツールは習得に長時間かけなくても直感的に使用でき、設計チームの誰もが迅速かつ正確にパワー・インテグリティを解析できます。この優れたパワー・インテグリティ解析機能を設計チーム全体で使用することで、プロトタイプの作成回数を減らし、市場投入までの時間を短縮すると同時に、より信頼性の高い製品を開発することが可能になります。
 
電圧降下の解析
レイアウト内で電流密度が過剰な領域を特定
 
ICのスイッチングノイズをシミュレーション
HyperLynx PIによって、プレーンやビアを伝播するICスイッチングノイズの影響をシミュレーションすることができます。
 
PDNのインピーダンス・プロファイル検証
HyperLynx PIで、動作周波数レンジ全体を通じてPDNのインピーダンス検証を実施

技術仕様

  • 業界で定評ある使いやすさ:短時間での結果生成
  • 電源供給、ノイズ伝播メカニズムとしてのプレーン構造を正確にモデリング
  • 電圧降下や電流密度を解析
  • 過剰な電圧降下、高い電流密度、過剰なビア電流、また関連する温度上昇などのDC電源供給問題が発生しそうな箇所を発見
  • シミュレーション結果をグラフィカル形式とレポート形式で表示できるため、DC電源供給の問題点を素早く簡単に特定
  • パワー・インテグリティと熱のコ・シミュレーションにより温度上昇を予測
  • 電源供給ネットワークの解析と最適化
  • PCB上の複数位置でPDNのインピーダンスを解析
  • 解析を通じてPDN上のコンデンサの使用、配置、実装を最適化
  • PDNに新しいテクノロジを適用した場合の利点や、インピーダンスがプレーンのノイズ伝搬に与える影響を仮想環境で調べることが可能
  • さまざまなスタックアップ、コンデンサ選択、配置、実装方法を検討可能
  • IC電源ピンおよび信号ビアからプレーンへのノイズ伝播シミュレーション
  • 電源供給ネットワークモデルを抽出
  • すべてのバイパスおよびプレーン共振の効果を含む正確なビアモデルを作成
  • Sパラメータ、Zパラメータ、YパラメータとしてPDNモデルを抽出
 
copyright