デザインルールを高速に検証するための高性能でカスタマイズ可能なツール カタログ(PDF)
概要
 HyperLynx DRCは、EMI/EMC、シグナルインテグリティ、パワーインテグリティに影響する問題に関して、PCBのデザインルールをチェックします。
HyperLynx DRCは主なDRC(デザインルールチェック)項目を標準搭載し、さらに広範なカスタマイズも可能です。HyperLynx DRCでは、AOM(オートメーションオブジェクトモデル)を介してデータベースオブジェクトにアクセスできるため、オブジェクトの幾何学形状を高度に操作することが可能です。設計データベースへの独自アクセスを通じて、さまざまな種類のデザインルールを記述できます。
VBScriptとJavaScriptへの対応、AOMとDRCのコーディング規約の文書化、スクリプトのデバッグ環境の一体化によって、この高度にカスタマイズ可能な製品は、DRCを自動化することによって従来手作業で行っていた解析を高速に実行します。
   
  標準搭載ルールおよびカスタムルールに対応
 
EMI、シグナルインテグリティ、パワーインテグリティの問題につながるエリアを識別してフラグを付けます。
 
高度なDRCのルール機能
電気的ルールチェックのあらゆる項目に対して、非常に複雑なルールを実装可能です。
 
電気的サインオフ(ESO電気的に正しいPCB設計を初回から目指すESOプロセス
結果をスプレッドシート形式で表示して、ユーザによる並べ替えが可能です
 
技術仕様
自動およびカスタマイズ可能なDRC(デザインルール・チェック)ツール
  • 標準搭載のルールとカスタムルールにより、PCB上でEMI/EMC/SI/PIの問題の可能性がある箇所をスキャンしてフラグを付けることが可能
  • DRCを使用して、迅速にネットをスキャンし、さらにシミュレーションによって詳細な解析を実施
  • 電気的なチェック項目のすべての側面に対して、複雑なルールを実装できるパワフルなDRC
  • 直観的なGUIから、ユーザによる並び替えが可能なスプレッドシート形式で結果を表示
  • スプリット交差配線、リファレンス・プレーン変更、遮へい、ビアチェックなどを含む19項目の標準的なDRCを実施して、PCB設計を包括的に検証
  • スクリプトの記述およびデバッグ環境
  • ルールの広範なカスタマイズ
  • AOM(オートメーション・オブジェクト・モデル)を介してデータベース・オブジェクトへのアクセスが可能
  • VBScriptおよびJavaScriptをサポート
  • AOMやDRCのコーディング規約の詳細な文書化
  • 包括的な結果表示とレポート作成
   
電気的サインオフ(ESO電気的に正しいPCB設計を初回から目指すESOプロセス
HyperLynxは電気的サインオフ(ESO)フローを構築し、デザインルールチェック(DRC)のコストと設計手戻りを少なくすることで、以下の領域における設計品質を向上させます。
  • ESOプロセスの定義
  • ポストレイアウトでのシグナルインテグリティ(SI)解析のESO
  • DDRxのタイミング設計のESO
  • 電源プレーンのESO – ACプレーンのインピーダンス/ノイズ解析
PCB設計の大半は設計当初は何らかの電気性能の欠陥を抱えています。これらの設計欠陥を検出し、その深刻度を評価することは、制約条件の多い設計においてはとりわけ難しい課題です。
   
特長
複雑なPCBの電気的サインオフ(ESO)フローを幅広く、そして奥深くサポートしているHyperLynxは、レイアウト設計者とSI/EMIのエキスパートに最適なツールとして選ばれています。
 
HyperLynx DRCは設計ガイドに遵守したチェックプロセスを自動化し、電気的サインオフ(ESO)フロー全体を管理することを可能にします。電気的サインオフ(ESO)の新規要件に対応して継続的にルールを追加し、設計カバレッジを広げて拡充を行い、すべてのルールに対してPCBカバレッジを100%実現します。
     
 
copyright