SpeedRouter
 
SpeedRouterは、ガーバーデータ、ドリルデータを元に、NCルーターデータを短時間で作成することが可能です。
加工シミュレーション、自動形状修正機能搭載
SpeedRouterの動画
SpeedRouterの主な機能
・各社ルータデータの読み込み
 
既存の各社ルーターデータを読込み編集可能です。既存のデータを編集、又はA社用のフォーマットで作成したNCデータを読込み、編集後B社用に変換出力することが可能です。
・CADデータ読込み
ガーバーデータ、ドリルデータ、DXF、ルーターデータ等を元に、NCデータの作成が可能です。
・LOOP機能
図形の重なりを自動修正と、直線データ→円弧データ変換、円弧データ→直線データ変換が可能です。
Loop機能
 
・輪郭抽出
図形の最外殻を自動的に抽出することが可能です。
輪郭抽出
 
・渦巻き加工
渦巻き状の輪郭を自動的に作成することが可能です。
渦巻加工
 
・Wツール加工
ルーターマシンのエラーストップの原因となる図形を自動的に補正することが可能です。
より細いツールで新たな形状を発生させ、エラー・加工漏れを回避いたします。
Wツール加工
 
・シミュレーション
オフセット処理後のルーターデータの信頼性テストが可能です。エラー部分の確認ができ、試し切りが不要となります。
シミュレーション
TOPへ